太陽と飛行機

格安航空会社を利用するデメリットとは

「国内の旅行費を安くできる」など、LCCが提供する格安な航空券には様々なメリットがあることで人気があります。
そのため、出張や旅行などで利用するユーザーも少なくありません。
しかし、この安い航空券にはデメリットもありますので、今一度確認しておく必要があります。
ここでは、格安な航空会社を利用するデメリットを紹介します。

機内サービスの簡略化

格安航空会社ではユーザーに安いチケットを提供するため、様々な部分の経費を軽減しています。
その1つが機内サービスであり、航空会社によってはかなり簡略化しているところも少なくありません。
大手航空会社で無料サービスが当たり前のところ、LCCでは有料サービスになっているので驚く人もいるようです。
機内サービスとしてすぐに浮かぶのが、機内食や飲み物ではないでしょうか。
これら機内食などは無料のサービスとして認識している人も多いと思いますので、格安航空会社を利用する際は注意する必要があります。
もちろんエアドゥのように無料サービスを提供しているところもありますが、それでも主要商品については有料になっています。
機内食や飲み物以外としては、毛布や映画・ビデオのようなエンターテイメント関係についても有料のところも少なくありません。
当然、荷物についても有償になっていますので、旅行当日に荷物が多い方は注意しておきましょう。
国内の旅行を少しでも楽しくするためにも、利用前にサービスをしっかり確認しておくといいでしょう。

座席シートについて

窮屈なシート
格安航空会社を利用する際は、座席シートにも注意が必要です。
LCCではサービスのスリム化により、様々な部分の経費を節減しており、その1つが座席シートになります。
航空会社を初めて利用した人の中には、「ピッチが狭い」、「窮屈」、「到着する前に疲れた」など、座席シートの狭さに悩まされる方もいるようです。
このようにLCCでは、少しでもたくさんの座席数を確保するために、大手航空会社のシートよりシートピッチを少し狭くしています。
ですので、搭乗中疲れを感じる方もいるかもしれませんが、そんな方は航空会社が用意してるオプションの利用をオススメします。
座席指定のオプションを利用することで、ゆったりシートでくつろげます。

初めての方は注意してください

格安航空会社が提供しているチケットは魅力的なものが多いですが、利用する際はデメリットの理解も必要です。
上記でもいくつか紹介していますので、初めての方は一度チェックしておきましょう。

ページ上に戻る